オーガニックコットンとエコロジーふとん 安心素材のふとん寝装品

 
知っ得情報

 ぐっすり眠れる快眠術
快眠とは「身」と「心」が共に癒される眠りのことです。
それは自律神経がバランスよく働いている状態です。
 
一般的な入眠法 アドバイス 手法
 1.カラダの緊張を解く  肩から首周りの緊張を抜く。 瞬間脱力法
 2.カラダの歪みを取る  ふとんの上でかかとを突き出して
 瞬間的に力を抜く。
瞬間脱力法
 3.深い呼吸をする  腹部の血行を良くする。 腹式呼吸法
 4.お腹を暖める  腹式呼吸で自律神経を切り替える。 腹式呼吸法
 5.数字を数える  1、2、3、・・・と100までを繰り返す。
 6.自己暗示をかける  ヨガの弛緩のポーズ、別名死体のポーズを。
 ●カラダの力を抜く、頭→顔→首→肩→と
  足まで全身を分けて抜いていく。
 ●カラダが重い物体になって地にめり込むように
  意識する。
 ●意識のない物体が横たわっている状態になる。
 7.毎日同じ時間に寝る  生活リズムを整える。
 8.お風呂に入る  ぬる目のお湯でゆっくり温まる。
 9.ふとんを日に干す  湿気が熟睡を妨げます。
 10.枕を取り替える  形と機能の両立した枕を選ぶ。
 11.ふとんを取り替える  血行を良くするふとんを選ぶ。

症状別睡眠のヒント アドバイス 対策
 寝つきの悪い人に 日中の緊張状態が継続しています。
自律神経が眠る態勢に入っていないと眠れません。
寝つきが悪いのは緊張状態がまだ続いているためです。
カラダの力を抜くには瞬間的に脱力するのがコツです。お腹を暖めるのは肝臓の血行を良くするためです。
1・4・7・8
 よく目覚める人に 交感神経と副交感神経の感度が低下しています。
日中、カラダの緊張が弱いと、夜の弛緩も深まりません。
体調によって眠れないことは誰でもあります。そんな時は明日の計画や未来の「夢」を描いていれば眠ってしまうものです。
ところが眠れないと意識した時から眠れなくなってしまいます。
4・5・8
 熟睡出来ない人に カラダが冷えていると熟睡できません。冷え性の人は体内の血行が弱いため体温がなかなか上がりません。
酸性化している細胞を活性化するとカラダが暖まり、深い眠りに入ります。
4・8・9・10
 寝起きの悪い人に 酸性環境の強い現代社会では、自律神経の働きが退化しているため、疲れやストレスが蓄積され、充分中和できないで翌日に持ち越してしまいます。寝不足やカラダのだるさはこうして起こります。 4・6・11

良い枕の選び方 良い枕は次の2つの作用を兼ね備えています。
 1. 頚椎を保護する
  =睡眠習慣に合うもの
一般に行われている頚椎測定も参考にしながら、
使って気持ちいい「快」感のあるものをお選びください。
 2. 血液を浄化する
  =中和機能を持つもの
日中の疲れやストレスによって体内が酸性化され、プラスイオンが溜まっています。それを中和してカラダを活性化する働きを助ける枕をお選びください。
当店では自然素材にこだわった枕を制作しております。

店主の健康法 快食・快便・快眠
 調身・調心・調息 幼少から虚弱体質で特に腸が弱く、40歳を越えた頃から慢性的な下痢症状に苦しんでいました。体重45キロを超えたことがありませんでした。そんな時本物のヨガの師に出会い、それから派生するさまざまの健康法を学びました。
42歳のとき、一週間の完全断食を行い大量の「宿便」を排出したときから「快食、快便、快眠」が続いています。
「不眠」は身体が硬くなっていることが基のところの原因ですから、身体を軟らかくする柔軟運動は大切です。現代人は慢性的な緊張状態の中で生きていますから、無意識でも筋肉に力が入っていて、それが習慣になっています。身体の力を瞬間的に抜くコツを会得すると筋肉の緊張が取れて血行が良くなり、「快眠」が得られます。

  │ぐっすり眠れる快眠術 │自然、循環、健康、安眠


ベビーふとん
ジュニアふとん
一般ふとん
コットンふとん
オーガニック
 コットンふとん
オーダーふとん
 まくら ●自然素材寝装品 ●リサイクル

はじめての方へお知らせ知っ得情報店主コラムブログ特定商取引に関する表示お問い合せサイトマップ


Copyright (C) 2008 OYAMATSU SHINGU-TEN All Rights Reserved.